ピアノの先生へ

レッスンアラカルト

1970年代も子供の習い事の種類は今と変わらない位あったと思います。
ただ皆が皆と言う訳でもなく、勉強塾はそんなに盛んではありませんでした。
何か習い事の中で どれかを選ぶ人もいた と言う感じです。その頃は ピアノも高価な物で
今ほどの需要もなく、当然習う人も限られバイエル・メトードローズが教則本の定番でした。
先生に宿題をいただき 自宅練習に1週間程励みレッスンを受ける。
昔は それができたと思います。今、子供たちは忙しすぎる。
子供のスケジュールの厳しさに驚かされることが多々あります。
生徒自身 塾・体操教室・英会話等等 日々追われる中の1つにピアノがあるのではないでしょうか
先生のもって行き方1つでピアノの楽しさを知らないままに
「使わないピアノは 売る時代」等と言われるようになるのではないでしょうか。

練習をしない生徒に 才能のない生徒に教えても時間の無駄と言われる先生方。
もし自称(町のピアノの先生)なら、せめて自分の町の子供たち・年を重ねた人達に
音楽の楽しさを知らせる橋渡しをしませんか?

「指導する」これはとても難しいことです。
唱歌系は声が出ないのに自分の好きな歌を耳で覚えてカラオケで歌う。
個性豊かに・楽しそうにリズムにのって
ピアノは人のを聞いたりしていてもカラオケのようにすんなりとは行きません。
近頃はオーケストラ伴奏等で本人は1本指で弾いていてもそれなりの曲に聞こえると言うのがあります。
入門には良くても演奏の醍醐味は味わえません。
生徒がピアノ曲1曲を演奏できるようになる為に基礎を指導しなくてはいけません。
音・リズム・テンポ感・拍子・読譜力・フレーズ・強弱・曲の構成・時代等

今の子供たちは 時間に追われている為か 頭の回転が速く 理解力も優れた人が多い。
少しの練習で出来ることに関しては強く・長く努力を要する事には地道な努力が苦手な為に
かえって長びき、イヤになる。
昔なら75%本人の家でのコツコツを期待しても良かった物が
今なら75%レッスンの際に先生が付ける努力をしなくてはいけないと思います。


アンケート結果
教則本どれを使ってますか?
音楽会お勧め曲


私がムジカノーヴァに取材された際に纏めた 生徒の行動別指導法を記します。→こちら
皆様のご参考になれば幸いです。
感想・批判お待ちしております♪


このエントリーをはてなブックマークに追加