言葉のない絵本でお話考えよう(2016)-G

SIRUE23

小学2年生 D・O ある日、男の子が動物園に行って、色んな動物を見ました。まずは「ペンギン」。氷ですべっていました。次は「あしか」。ボールを頭で、くるくる回していました。他にも一杯見て、男の子は帰りました。「楽しかったなあ」と男の子はつぶやきました。
中学3年生 S・N 僕の5才の誕生日に初めて動物園に行きました。図鑑に載っていたライオンやキリン、シマウマ・・・色々見たくてワクワクしていました。家族で行きました。はじめ、門で記念写真を撮りました。門をぬけるとシマウマがいました。とても大きく、びっくりしました。次にキリンが見たかったので、見に行くととても首が長くとても大きかったので、図鑑で見るより迫力がありました。その後は、ペンギンを見に行くとショーがあったので見ました。イルカの大ジャンプやアシカのバレーボールやペンギン大行進などとても可愛く、癒されました。この日はとても楽しく良い日になりました。また来たーい!
年中 S・U むかしペンギンが独りぼっちで悲しそうに泣いていました。そこで狼がきました。「あっ、パパ」そこで狼は「パパじゃないよ」と言いました。「パパならおうちにいるよ」ペンギンはおうちにかえると「あっ、パパがいた」とペンギンが言いました。
小学3年生 Y・K 今日は、皆でショーをする。アザラシはボールを使っている。おとなペンギンは行進している。象はワニとキリンを遊んでいる。シマウマは鹿とダチョウとハリネズミとショーをするみたい。でも、パンダだけ、竹の後ろに隠れてる。一緒にショーをすることになって、パンダは竹を食べているところを見せている。小ペンギンも泳いだり、手を振ったりしている。みんな楽しそうだなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加