言葉のない絵本でお話考えよう-O

sirue15

年中 山中美月 青いドレスを着て発表会に出ました。一人で弾きました。ドキドキはしませんでした。
小4 前地宏信 発表会の時に個人曲を弾きました。楽譜は見ずに弾きました。が途中で忘れてしまい変な曲になってしまいました。
小6 森絵里香 今日ピアノの発表会がありました。今まで頑張ってきた曲を思いっきり弾きました。緊張したけど楽しかったです。
小3 宮地優果 楽しい音楽が流れているね。私も弾いてみたいな。
小3 平沢伶奈 今日はピアノの発表会。なんだかどきどきするな。私の前に弾く人はとってもうまい。メロディーがいきわたる。音楽ってすてき!
小5 黒田菜緒美 今日はピアノの発表会です。出番は昼13:00です。12:00に昼ごはんはミルクティーとサンドウィッチでミルクティーがドレスにこぼれて大変です。
小5 東田茉奈佳 明日は発表会です。発表会で着るドレスも靴も準備はしっかりできています。あとは、しっかり練習して、明日の発表会を待つだけです。
小4 宮本季和 今日はコンクール。たくさん練習してたくさん叱られたけどこの曲を弾くのは今日でおしまい。コンクールの会場に入ると、胸が「ドキドキ」すごく緊張したよ!ですが、一生懸命練習した甲斐があって、大成功だ!!またコンクールでたいかもネ!
小2 山本龍佑 今日はピアノの発表会。すごくきれいな音ばっかり!自分もドキドキしてしまうな~
小2 中田昭 今日はピアノの発表会です。ドキドキします。合格できました。うれしかったです。大きなピアノで弾きました。
小1 伊東彩花 今日はピアノの発表会です。ドレスを着てピアノを弾きました。次弾くのです。よけいドキドキになりました。今からきらきら星を弾きます。終わったらすっきりしました。(おわり)
年中 中田泉 今日は木曜日。ピアノの日です。両手でスラスラと猫ふんじゃったを弾いています。白いかわいい服を着ています。
小1 松本健吾 僕はピアノが大好きです。大きい音や小さい音でピアノを弾いています。僕はメトロノームをいつも使っています。
年長 子田結希代 お花の中にダイヤの付いた白色のグローブとキラキラしててお腹の所に小さいビーズのついたワンピースがあります。ト音記号の付いている小さい楽譜もあります。靴が金でキラキラしていてかわいかった。はいてみたいです。
小1 古田桃子 今日はピアノの発表会です。今日の朝、お母さんに「手袋したーい」と、甘えました。すると「手袋しててどうやってピアノ弾くの」と言われました。本番が終わりました。家に帰ると飾りがついていてお父さんがパーティーをやっていました。パパの友達がお花をくれました。朝は怖かったけど夜は楽しかったです。
小2 宇治野弘奈 今日は発表会。とってもドキドキしますよね。弾く曲はワルツ。あの歌はものすごくきれいな歌です。弾く子は上手に弾ける。ピアノが終わりました。ちょっと失敗したけど、また来年がんばりたいな。また素敵なドレスを着てがんばるぞ。と言いました。それから1年後、また発表会がありました。演奏が終わりまして、今度は滑らかに緩やかにスラスラとちゃんと弾けたので大喜び。来年もまたがんばるぞ。
小4 工藤優希 今日はピアノの発表会です。今まで練習してきた曲を精一杯弾きます。この曲を弾くのは今日で終わりです。緊張したけど楽しかったです。
中2 松井翔平 今日はピアノの発表会!!日頃練習してきた曲を演奏します。さあ本番が近付いてきました。緊張で指が震えている。自分の力を最大限発揮できるよう頑張ります。
小3 小室奈央 今日はピアノの発表会!ピアノの音符やリズムが速すぎて、手をいためちゃった・・・。
年中 伊串まりな 今日は楽しみにピアノのレッスンに来ました。ピアノ上手に弾けるといいな。
中3 桜井熙 ある所にかわいい女の子が1人で住んでいました。その子には1匹の犬がいつも一緒にいました。ある日、犬と散歩に行ったら犬がある場所で止まって吠えました。吠えたところをみると、小さくてかわいい何かの種が落ちていました。女の子はその種を家に持って帰って植えてあげようと思いポケットに入れて持って帰りました。家に着いたら大きい花壇に拾ってきた種を植えました。すると次の小さいのを出しました。その後すくすくと伸びみんな幸せになりましたとさ。
小6 玉置大祐 今日はピアノの発表会がありました。ピアノを弾きすぎたので結果指が壊れました。
小1 津川佳大 昔、「アヒルのワルツ」って言う音楽会がありました。ブラック玉を打っている奴がありました。その音楽を消してしまいました。
大人 竹村喜子 結婚式で花嫁さんがピアノをみんなに披露したよ。でも花嫁さんは緊張で指が動きません。そこへ新郎さんが来てお守りに貝のネックレスをプレゼント。花嫁さんは無事素敵な曲を披露しみんなに幸せをおすそわけしました。
年長 梶浦麻椰 明後日は音楽会です。リズムにのらないと次にやるのがすみませんのでがんばります。
小6 岡﨑一将 ある町に、ピアノの大好きな1人の少年がいました。昔はちゃんとした家もピアノもあったんですが、火事で家もピアノも親と兄弟までも火に奪われました。そのショックで声が出なくなりました。仕事を探したいけれど、声が出なくてはどうにもなれません。食べ物を探している時、少年は1匹のお腹を空かせている犬と会いました。「かわいそうだなあ」と思い最後のパンとチーズを半分個ずつ食べました。ある日、少年はお腹がすきすぎて道端に倒れました。それを見た町のおじいさんは家に連れて帰りベッドに寝かせました。おじいさんは「だいじょうぶか、だいじょうぶか」と言っています。少年は声が出ず何も言えません。少年の意識は遠くなっていくばかりです。少年は最後の力をふりしぼって、「これで僕もようやくみんなの元へ帰れる。」と言いました。そして意識がなくなりました。少年は意識がなくなった後、大好きなお母さんときれいな服を着てピアノを2人で弾いている夢を見ました。そして少年は天国へ行ってしまいました。
小4 渡辺朗雄 ピアノの発表会です。楽譜を少し忘れてしまいました。でも、少し止まったけれど、うまくできました。よかったです。
小2 久保風音 きれいな音が聞こえてきました。行ってみるとドレスが飾ってありました。ついついきてしまいそうになるぐらい着たかったです。テンポが「カチカチカチカチ」と聞こえてきました。落ちてあった楽譜を見ると素敵な音符が沢山あって、目の前のピアノで楽譜を見ながらついつい弾いてしまいました。
このエントリーをはてなブックマークに追加