ピアノの先生あつまって

松井音楽教室ではそれぞれの生徒にあったワークブックから始めて、楽典を全員行います。
生徒にとって市販の楽典では理解することが難しいなと感じたので、自作で楽典の説明書を作成いたしました。
以下のリンクの資料はご自由にお使いください。(各音楽教室での利用は問題ありません)
(他の資料についても順次掲載していきますのでしばらくお待ちください)

◎ 楽典説明書 NEW! (2022/01/01)
(印刷はB5サイズで「用紙に合わせる」に設定してお願いします)

◎ ピアノの先生あつまって NEW! (2022/01/09)
(松井音楽教室の2021年までのノウハウを全144頁でまとめています。)
 目次
 (「ピアノの先生あつまって」の目次です。写真、QRコードが何頁に何個載っているかもまとめています)

また合わせて私の音楽教室運営についての考え方もご参考下さい。

◎ 挨拶

◎ レッスンアラカルト

◎ 入会までの流れと考え方

◎ レッスンに向き合う

◎ オリジナル教具

◎ 指導するにあたって心掛けていること NEW! (2022/01/16)


以下は「ピアノの先生あつまって」の後に追加で公開用に作成した教材・資料になります。
「ピアノの先生あつまって」を読んだ後にご覧ください。
順次アップしていきますので、更新をお楽しみにしてください。
希望者には更新の度に通知させて頂きますので、matsuiongakukyoshitu@gmail.com まで空メールをお願いします。

   -おととなかよし NEW! (2022/01/16)
   (印刷はA4サイズで「用紙に合わせる」に設定して片面印刷でお願いします。
    裏面は次のページの解説のためのスペースとして使用します)
     文字を覚えていない子も習いにきます。文字を教えつつ音も覚えるのは子供にとって大変です。
     音楽の入りで障害が多いと音楽を楽しむことが難しくなるので、最初に色で音を覚えます。
     ド(赤)レ(黄)ミ(緑)ファ(オレンジ)ソ(水色)ラ(ピンク)シ(紺)です。
     幼い子は色と音を認識しても音の位置関係は分かりません。(ドの下がシ等)
     この教材は色を塗るまたはおはじき等を置くなど遊び感覚で音の位置関係を
     感覚的に理解してもらうために作成しました。
     横についてド(赤)の上だからレ(黄)だよね。など初めの数ページを丁寧に教えます。
     最初の方は全ての場所に色の淵がついていますが、ページが進むにつれて色がなくなり、
     自分で色(音)の位置関係を覚えないとできなくなっています。
     幼い子はクレヨンで塗ることもできない程指の力がない子もいますので、
     それを確認・練習させるためのツールでもあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加